News

ヘアーニュース

2020/05/29

第三のカテゴリー★ドレッシーケア★


当店ではリケラという新しいケア方法を導入しています。



リケラとは・・・髪を骨格からデザインするケア方法

ダメージケアスキャルプケアに続く第三のカテゴリードレッシーケア


髪は年齢と共に骨格が減り、頼りない髪(=パサつく・うねる・広がる・ボリュームがない)が生えてくるようになります。
その減ってしまう骨格を外部から補うのがこのリケラ。


髪の骨格は人間の身体で言う、にあたる部分です☝
骨密度が低下すると、骨折しやすく、もろくなりますよね。
髪も同じく、骨格が減るとダメージしやすいもろい髪となってしまいます。

骨格の減少に伴い、油分・水分も同時に減ってしまいますので、結果パサパサの髪となってしまうわけなのです・・・泣💦💦



リケラの目的は、過疎化した骨格を補いまとまりのある髪にすることです。


骨格が過疎化する年齢のボーダーラインとしては「55歳」
55歳以上の方で、年齢と共に髪質が変わってしまった人はリケラが向いています。


注意点としては、ダメージケアではないということ。
カラーやパーマで傷んだ髪を治す目的のものではありませんので、担当者と相談しながら決めていきましょうね★